東洋摩擦圧接工業株式会社は、摩擦圧接加工、高周波焼入加工熱処理全般等を独自の技術で、お客様にご提供致しております。

施工技術
HOME > 施工技術
Technology

高周波焼入加工

高周波焼入 加工とは?

高周波焼入 加工とは、製品を加熱することにより、任意の部位を硬くすることができ、深度を容易に調整することが出来ます。
どのようなところで、高周波焼入 加工の技術が使用されているかというと、自動車部品や電機部品等、さまざまな部品に幅広く利用されています。

高周波焼入 加工の特徴

高周波焼入 加工は、鉄鋼材料で造られた部品の必要部分のみを瞬時の加熱と急冷により焼入れ硬化させる熱処理です。
高周波焼入では,高周波発振機の周波数や加熱コイルの形状を選択することで大型建設機械から精密機械にいたるまでの様々な部品を表面硬化することにより、部品の耐摩耗性や疲労強度などの機械的強度の向上が容易に得られます。



採用 実績 ISO