東洋摩擦圧接工業株式会社は、摩擦圧接加工、高周波焼入加工熱処理全般等を独自の技術で、お客様にご提供致しております。

施工技術
HOME > 施工技術
Technology

摩擦圧接加工

摩擦圧接加工 金属の摩擦で発生する熱エネルギーと圧力を利用した、摩擦圧接。 スピーディに圧接ができますので、材質におよぼす熱の影響が少なく、母材と同様の機械的性質が得られます。
工程の効率化、材料の節約、異種金属との接合等のメリットが得られます。

摩擦圧接

異種金属を接合する。
見事な融合を見せる特殊技術です。
昭和40年代に開発された摩擦圧接も、高周波焼入 と同様、当初はなかなか認めてもらえなかった技術です。東洋摩擦圧接工業は日本で初めて、このメルティング・ポイントの異なる金属同士を圧接できる唯一の技術(摩擦圧接)を導入。産業界に、摩擦圧接の素晴らしさを広める役割を担ってきました。

採用 実績 ISO